梢は歌う

風のように人生を通り過ぎていくだけ。  そんな風にも、日々の何気ない暮らしが  ある。 これは、そんな「風のしるし」です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月15日 そういえば敬老の日

「結局、何にもしなかった」と三連休なんてものが終わる時に、そう思う。

じゃあ、何がしたかったのかと言うと、

「遣りたくなかった遣らねばならぬ事。」だったんじゃないかな。でもやりたくないからやらなかった。

おかしくない?

やりたかったことはやりたくなかったこと?

まぁいいか。

遣らなかったのだから。


テレビのニュースを見ると、イライラしてくる。日本の政治=選挙?
だんなが言った。
「『目立たない民主党』とか、あおったり扇動するような言い方をマスコミはしないほうがいい。」
まったくの同感。

子供が言った。
「洒落にならないから言うのを辞めちゃった。」
―それって、なんだっけ。
「アフラトキシンだよ。完全な発ガン物質。最近メタミドコスしか名前が挙がってこないでしょ。」

政治家もマスコミも、ちゃんと自分の仕事やろうよ、。

って、一番自分に言わなくちゃ。だって家の中がなんか汚いわ。だから、遣りなくないやらなくちゃいけないことが嫌で、やろうかなと思うと、眠くなる。遣らなくちゃと思うと、また眠くもないけれど布団にもぐっている。そのハードルが越えられなくて、家事放棄。

「ああ、嬉しい。三連休だわ。これでゆっくり仕事が出来るわ。」って言う生活が、もう嫌なんだ。


  ・・・・・・・

ふーん、なるほど、そうだったのか!

世間の皆様が、さあ寝ようかなと思う頃、私は寝起きで機嫌が悪い。悪い機嫌のまま吐き出してみると、はっきりと出てくるなぁ、本音トーク。
―人間なんてラララララララー♪
自分の気持ちも良く分からないって言うこと、たくさんあるでしょ。

自分との対話って大事だよね。時に知りたかった本音が出たりすると、パッとさっきまで感じていたいらいらが治まったりするから不思議。


本当のこというと、結構お仕事好き。でも、常に何かに追われている感じが近頃耐えられないの。心が歳を取ったというか弱くなったというか・・・・

だけど、夕方友人から突然の電話。

「アタシ、突然首になっちゃったの。もう泣きたくて。今、もの凄く落ち込んでいるの。」

そりゃそうだわ。泣きたくもなるし、落ち込んでも当然よ。


電話を切った後、ふと思った。そうすると、私の失業計画とかその後の復帰計画はチョー甘かな。
ケ・セラ・セラ。その時考えよう。

だけど日曜日、友人と映画に行ったのだけれど帰りに、彼女とブロードウェイでミュージカルを着物で観に行くと言う、夢を語ってきたばかり。夢のために頑張ろう。


そういえば、昨日は敬老に日。姑は老人会の仕事で忙しかったみたい。何もしなかったな。最初からする気もなかったし。その日に何かと言うのはこっちにとっても負担じゃない?
いつもが大事なのよ。

そういえば日曜日は15夜。月がとっても綺麗だった。私は出かけていたのだけれど、月を見て思いだし、冷凍庫の月見団子を解凍して食べてと電話した。
その電話でだんなもベランダから月を見て、子供はコンビニに買い物に行く途中で月を見上げたと言っていた。

  20080915080231.jpg
 
でも月より団子。ススキがないのが寂しいね。


そういえばお洒落心の話。
近頃マニュキュアなんて久し振り。たまには頑張ろう。

 20080915080449.jpg

みんなはどんな風にしまっているのかしら。
どの色にしようかな・・・・

 20080915080249.jpg

 選んだのがこの色。
私は、まだ夏を引きずっているのかな。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

kiriyseikan

Author:kiriyseikan
kiriy です☆☆

メインブログは「森の中の一本の木」

「題詠blog2012」に、吉里(きり)と言う名前で参加します。

ここでは他に「ツイッターのお纏め&日記」
「ベランダ日記」「野の花・道端の花」などが中心です。
ツイッターの纏めでは、主に朝ドラ「カーネーション」の感想等を呟いている事が多いです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。