梢は歌う

風のように人生を通り過ぎていくだけ。  そんな風にも、日々の何気ない暮らしが  ある。 これは、そんな「風のしるし」です。

Entries

9月13日 事件でした!

 今日、夕方の7時近くに買い物に行ったら車が止められないくらい、スーパーが込んでいて驚きました。こんな時間に買い物にはめったに来ませんが、みんなも結構夕方遅くに買い物に来ているんですね。それとも三連休初日なので、我が家同様ぐうたらしていたのかしら。

土日は、ほとんどだんなと一緒に買い物に行きます。それで夕方遅くはありえないのですが、今日に限って遅くなってしまったのは、夫婦揃ってお腹がいっぱいで、ご飯なんかいらないねと言う雰囲気が漂っていたからです。


だって、昼間事件があったのですよ~。

お昼近くになって、ラーメンが食べたくなった私たちは出前を取ったのですね。だんなが「タンメンにしようかな。」といった時、ちょっと嫌な予感がしました。前にそれを頼んだ時は、本当にお湯の中に麺と野菜が入っていたことがあったからです。でも、私はその時「今日はあまり美味しくないわ。」と言いましたが、最後まで食べました

実は私はここのタンメンが好きなのです。子供が幼児の時はその野菜の量が多いので、毎回タンメンを頼んでいました。でも、長い年月の間には味に変化が出てしまったのかなと思っていました。

一瞬迷いましたが、でもあんなことは早々ないだろうと思って頼みました。


しばらくして、いつものように感じのいいおじさんが配達してくれました。

ワクワク・・・
ラーメンを食べる時は、そんな気持ちになりませんか。


と、その時だんなが
「ママ~・・・・!!!」と、幽霊を見たような声で私を呼びました。私はドキリとしましたよ。
大きな声で「ワー」と驚かれるのも心臓に悪いのですが、静かに驚かれるのも嫌なものですよ。何事かと思いますよね。

「このタンメン、麺が入っていない・・・・・」

「エー、うっそー!」って、本当でした。だんなのどんぶりだけ上から下まで野菜です。

子供1が「電話、電話」と言いましたが、私たちは「いいよね、野菜がいっぱいだし。」と言って、私の麺を半分分けてあげ野菜も分け合って食べてしまいました。

「ああ、もうお腹いっぱい。」と言って、ソファで休もうとした所に、おじさんが再びやって来ました。
「さっきのタンメン、もしかしたら麺がなかったとか~。」

「うん、入ってなかったよー。でも良く気が付いたねえ。」と、変なことに感心している私。
謝るおじさんに
「野菜が多かったからいいですよ~。」と、これもまた変な寛大さを見せているだんな。

基本的に、うちら陽気なB型人間なのさ、と言う所です。
「良かったらこれ食べて。」とおじさんは作りなおしてきたタンメンを差し出しました。


エ、エ、エーですよ。
もうお腹がいっぱい。

でも子供1が半分、だんなも半分、私も残った野菜を一口食べてしまいました。だってですねえ、せっかく持ってきていただいたのに、捨てるには忍びないですものね。

「『正義の味方』のお姉ちゃんだったら、大変だなぁ。」とだんなが言いました。
『そうね、『タンメンのメンは麺のメンじゃない』のとか言いそうね。」と盛り上がりました。


と言うわけで私たち二人は、お腹がいつまでもいっぱいでした。それで夕飯は、土曜日だと言うのに遅めにしたのです。
でも、子供1はあんなに食べたのに夕飯は三杯飯でした。

若いっていろいろな意味で凄いと思いました。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

星が見える名言集

FC2ブログ

プロフィール

kiriyseikan

Author:kiriyseikan
kiriy です☆☆

メインブログは「森の中の一本の木」

「題詠blog2012」に、吉里(きり)と言う名前で参加します。

ここでは他に「ツイッターのお纏め&日記」
「ベランダ日記」「野の花・道端の花」などが中心です。
ツイッターの纏めでは、主に朝ドラ「カーネーション」の感想等を呟いている事が多いです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード