梢は歌う

風のように人生を通り過ぎていくだけ。  そんな風にも、日々の何気ない暮らしが  ある。 これは、そんな「風のしるし」です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2分で解説

まだ、土曜日の事を引っ張っていてすみません。
土曜日はパパさん、子供1、姑と私で映画に行ったのですが、木曜日だったか前日だったか、姑を電話で誘った時、心の中で
「ナルニアなんか喜ぶのかなあ・・・」と思い、あまり乗り気な誘い方でなかった私でした。

その日は用があると義母が言うと、
「そう、見る映画もナルニアだしさ・・・、じゃあ、また次の機会にね。」とあっさり引き下がる私。
いつもなら「じゃあ、次の日は」と相談にも乗る私なのに、不親切です。だって、日曜日には行きたくなかったんですよ。日曜日はずっと寝ていたかったんです。先週は本当に全力投球で頑張っていたから、ぼんやりしていたいと言うのが本音です。そうは言っても、土日のスケジュールを交換しても良かったのですよ。なんたって片方の予定は「グータラ寝ている。」ですから。
でも、不親切。なんでって、・・・・
自分の親なのに、なんでこんな電話も男は自分でしないわけ、とムカついていたからです。私は義母とは仲良しなんです、確かに。でも、気は使っているんですよ~。特に電話の時。

それなのに、後ろで聞いていただんなは、
「何で、チケットが当たったから行こうと言わないんだ。」
「ハア~・・・、(下らない~。そんな事ぜんぜん関係のないことジャン。)、用があるんだってさ。他に何か?誘い方が気に入らないんだったらさあ、あなたが電話したらいいんじゃない?」

ああ、下らない。こんなことでわずかな時間でも険悪ムード。

でも土曜日の朝、後20分で家を出ると言う時、義母から電話がありました。
「今、トイレに入っていた時電話が鳴ったんだけれど、うちに電話した?」
打ち合わせることもないので、何も電話などするわけもありません。でも、彼女がそう感じたと言う事は・・・
「ネエ、御用は何時からなの?」
私は急いで映画の終了時間を調べると、ああ、ギリギリ。
「でも、行こうと思ったらいけるから、行きませんか。今から迎えに行くから。」
「そうする。」と二つ返事。

映画もいたく気に入ったようで、やっぱり誘って良かったなと思いました。と言うか、最初から親切にしとおけば良かったのですよね。
だんなも義母も、元はといえば他人です。他人と自分の我侭さに振り回されている日々。でも、他人=家族になっていく年月の面白さを感じます。

ところで、映画館に着いた駐車場で、ふと
「そういえば、前の「ナルニア国物語」は見た?」と聞いてみました。「ない。」と言うので、こりゃイカンと思って、車を車庫入れしてドアから出るまでの間に解説をしました。

「ナルニアって言う別世界のファンタジーワールドがあってね、前の時には、かくれんぼしていた時にたんすの中から、子供たちがそこの世界に入ってしまうの。そこで魔女の軍団と戦ってそこの王と女王になって大人ににもなるんだけれど、ある日元来た道を見つけてこちらの世界に返ってくると、ぜんぜん時間がたっていなかったと言うお話なのね。それで、今回もまた行ってしまうのだけれど、こちらで一年でもナルニアでは何百年もたっていて、前の登場人物は誰も出てこないから、ここから見ても何の問題もないわけなのよ。(アスランの事はすっかり忘れてしまいました。)」

映画を見終わって、義母は
「あらかじめ説明してくれたからよく分かった。」と言ってくれました。二分の解説(もっと短いかも)でも、役に立ったと言うわけです。例えわずかでも、情報はないよりあったほうが良い場合ってありますよね。それは、そんな例だったかもです。









Comment

NoTitle 

映画、気に入ってくれてよかったですね。
せっかく誘うのなら楽しんでもらいたいから、見てる途中とか見終わってからも、「楽しかったかな~?」等と気になりませんか?
私は何かめんどくさくなって結局誘わなかったりしそうです。
kiriyさんは偉いなーといつも思います。
お義母さんも「あらかじめ説明してくれたからよく分かった。」と言ってくれるなんていい人ですね~。
  • posted by フィー 
  • URL 
  • 2008.05/27 17:44分 
  • [Edit]

フィー様 

こんばんは。
そうですよね。お誘いすると、その反応がとても気になってしまいます。それは義母ばかりではなく友人の時もそうです。前にSF映画(題名はなんだっけなぁ)を友人を誘って見に行ったとき、あまりの展開に謝ってしまった事があります。友人に誘われて「着信あり3」を見に行ったときは、友人に謝られてしまいました。
気は使ってしまいますよね。

私には小姑とかはいないので、義母も私と話をしたいみたいなのです。自分の子供でも男の夫より女どおしでおしゃべりしていて楽しいことが多いんでしょうね。これは未来の私の姿かもしれないなって、時々思ってしまったりすることもあるんですよ。
  • posted by kiriy 
  • URL 
  • 2008.05/28 22:34分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

kiriyseikan

Author:kiriyseikan
kiriy です☆☆

メインブログは「森の中の一本の木」

「題詠blog2012」に、吉里(きり)と言う名前で参加します。

ここでは他に「ツイッターのお纏め&日記」
「ベランダ日記」「野の花・道端の花」などが中心です。
ツイッターの纏めでは、主に朝ドラ「カーネーション」の感想等を呟いている事が多いです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。