梢は歌う

風のように人生を通り過ぎていくだけ。  そんな風にも、日々の何気ない暮らしが  ある。 これは、そんな「風のしるし」です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話の対応

 近頃決まった人としか会っていないが、たまには会いたい人もいる。そう思っていても、何かアクションを起こさないと、なかなか会えない。
会えないけれど、定期的に電話をする人がいて、夏から何回もちょっとだけ会おうと思って、お互いに電話を掛け合うのだけれど、私が実家に帰っていたり、彼女が旅行に行っていたりで、なかなか実現しないのだ。
 実は会いたい人は彼女ばかりではなく、彼女とそのグループだ。はっきり言うと、前の職場の仲間で、彼女と私も含めて5人。
 その職場に残っているのは二人、リタイアしているのが二人、そして転職した私と言うわけだ。年齢も違う。どーんと私が一番下。でも、へーこらとしていないので、「生意気」といつも言われていた。その生意気ゆえに、今も会えば気の置けない仲間意識がよみがえってくるメンバーだ。

 彼女に5人出会いたいと言うと、彼女は仕切り屋のくせにその中の一人が実は苦手で、日にちを併せるから、他の人と決めてくれと言う。
それで、今もその職場に残っているもう一人の人に電話をした。本当にお久し振り。
私は最初はこの人と仲が良かった。でも、今は用がなければ電話しない。電話して、なぜそうなったのかを思い出した。その彼女に電話するのが怖いのだ。態度が悪くて。

いつだって、
「何か、用!?」と言う口調。あえば楽しくおしゃべりできる人なのに、電話はこの人には苦手だ。

この人はかなりの皮肉屋だが顔が可愛かったので、会っているときにはそれも会話の個性に思えるのだ。でも、電話でその口調が出ていたら、対話しているほうも自然に口調がきつくなる。自分自身も変だったように思う。

電話と言うのは便利なツールだ。時間がなくて誰にも会えないとき、家にいながら、しかも何かをしながら、友人とおしゃべりできるのだから。でも、それは会っていて話をしているのではないことを、しっかりと意識していないといけないことなんだと思う。


 仕事の電話も同じことだ。私はもしかしたら、山のように失敗をしてきてしまったかもしれないなぁと、ふと思う。でも、過去は仕方がない。また、今日からの教訓にしていけばいいことだ。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

kiriyseikan

Author:kiriyseikan
kiriy です☆☆

メインブログは「森の中の一本の木」

「題詠blog2012」に、吉里(きり)と言う名前で参加します。

ここでは他に「ツイッターのお纏め&日記」
「ベランダ日記」「野の花・道端の花」などが中心です。
ツイッターの纏めでは、主に朝ドラ「カーネーション」の感想等を呟いている事が多いです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。