梢は歌う

風のように人生を通り過ぎていくだけ。  そんな風にも、日々の何気ない暮らしが  ある。 これは、そんな「風のしるし」です。

Entries

7月26日・27日・28日

―メモ的日記デスー


26日
オカルト倶楽部のメンバーとお食事会。一人はおばあちゃんになっていた。おめでとう。
とっても楽しかったのだけれど、何を話したのだったかな?
いっぱい話した内容は、主に25日の夕方以降、スーパーで彼女達とあった後の話で、
「近況と言っても夕べの話ばっかりで、・・・」と言ったら、
「あなたの一日って、長くていいよね。あたしはあの後、ご飯作ってそれから先は何もないわよ。」と言われた。
友人は「ハッピー・クローバー」繋がりの「縁」について、語っていた。「縁」というのかな・・・? とは思ったが、彼女の感じた不思議な感覚は分かるな。ちょっと、メモ。

スーパーで、他の友達にばったり会う。そこで、近所の悪がきだった子供達の、その後の噂を聞く。・・・さぞ、親達は安心していることだろうなと言う内容だった。一見、更生の道。人のうちに入り浸りながら、勉強しているらしい。でも、そのうちの人たちの心は暗い。あ~あ。だけど、親はニコニコ。


27日
なんでしょう。ほとんど記憶なし。お仕事していたんじゃないかな。ああ、そうでした。前日の夜、突然調子が悪くなり、早々寝てしまったので、・・・「遊びすぎやー」と言う言葉が飛んできそう・・・(汗)

そして、夜。作戦勝ちで、巧くいきましたわ。
でも、今度はだんなの調子が悪くなってしまって、熱が高い。
下の子供がテキパキと手伝ってくれたので、助かりました。(仕事場の後片付けや布団敷きや、熱用冷却シートの買い物など)


28日

熱が下がっても、だんなは一日寝ていて、さえない我が家。
下の子供は、昨日は映画、今日は隅田川の花火とお出掛け好きの「オタク」です。

その子供との夜交わした会話は、私的にはショックだったなあ。
子供の目から見ると、私は「人生に耐えて生きている。」風に見えるらしい。そんな事ないよと言っても、それでも、「我慢し続けて、耐えながら頑張っている人。」に思えてしまう・・様なことを言う。
・・・・・・・
う~ん。似たようなことを、読んだばかりだよ・・・

これはメモ。いつか、このことはちゃんと書き留めておこう。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

星が見える名言集

FC2ブログ

プロフィール

kiriyseikan

Author:kiriyseikan
kiriy です☆☆

メインブログは「森の中の一本の木」

「題詠blog2012」に、吉里(きり)と言う名前で参加します。

ここでは他に「ツイッターのお纏め&日記」
「ベランダ日記」「野の花・道端の花」などが中心です。
ツイッターの纏めでは、主に朝ドラ「カーネーション」の感想等を呟いている事が多いです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード