梢は歌う

風のように人生を通り過ぎていくだけ。  そんな風にも、日々の何気ない暮らしが  ある。 これは、そんな「風のしるし」です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心動けば閃く時もある

20070702073853.jpg


 蒸し暑いので、こんな画像でも見て涼んでみてください。

 ところで、先日ベランダで洗濯物を取り込みながら、私は、友人の愚痴なるものを聞いていました。私はこの人の愚痴を聞く係りです。

その時、キャッチが入り、ちょうど話も終わっていたので、そちらに切り替えて出ると、生協で申し込んであった「ベニスの商人」の抽選に外れたと言う報告の電話でした。

友人の話も冴えなかったけれど、私もがっかりです。
すっかり当たる気分で、場所まで調べてあったのに。それは水曜日の事なんですが、まるまる一日あけて、ふと気が付きました。場所を調べている時にチケットの買い方が、何か書いてあったような気がしました。
金曜日に、調べたら書いてありました。残りのチケットも残りわずかで、しかもあまりいい席ではなかったのですが、買えました。


これって、脳の中に勝手に放り込んでおいた情報が、自然にカタカタ動いたと言う例だと思うのです。

真剣に考えなくても「心動く」と言うスイッチが入ると、脳は考えてくれるシステムになっていると思うのです。それには日頃のインプットしてある情報が必要なんですね。

だから子供達、不断の勉強が必要なんですよ。子供の時が一番柔軟な心と脳を持っているなんて、いい事言ってあげてもいいんだけれど、はっきり言って、一番暇な時なんですから、今のうちに入れるだけの情報を脳にインプットしろと思うのですよ。

「この算数は、本当は何にも役に立たないでしょ。」とか「理科を勉強することに何の意味があるんだ。」と哲学者になる前に、黙ってやれとか思うのですよ。


あれ~、話があらぬ方向に・・・
余計暑苦しくなってしまいましたね。
でも、暑いついでに。
お母様方、6年生の算数は「忘れちゃった~」と言ってもいいかなと思うのですが、上記のようなことを子供が言ってきた時、決して
「そうねえ、お母さんもそう思うよ。」などといってはいけませんよ(笑)





Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

kiriyseikan

Author:kiriyseikan
kiriy です☆☆

メインブログは「森の中の一本の木」

「題詠blog2012」に、吉里(きり)と言う名前で参加します。

ここでは他に「ツイッターのお纏め&日記」
「ベランダ日記」「野の花・道端の花」などが中心です。
ツイッターの纏めでは、主に朝ドラ「カーネーション」の感想等を呟いている事が多いです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。