梢は歌う

風のように人生を通り過ぎていくだけ。  そんな風にも、日々の何気ない暮らしが  ある。 これは、そんな「風のしるし」です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011題詠ブログまとめ

題詠ブログに参加して三年目になりました。2009年、2010年は遅れての参加でしたが何とか完走をしこの「梢は歌う」は主に短歌を詠う場所になっていました。
だけど今年、例年より早めに参加したものの、ある時意思をもってリタイアする事にしました。
なぜなら、あの震災はそれだけ心も直撃しました。歌を詠おうとすれば、そのことを避けては通れない心の重さをいつも感じていました。避けて通ろうとすれば、なんだかどうでもいいような日常の歌ばかりになってみたりもしました。言わば、言葉が死んでいくというのはこういうことなのかなと感じたのもこの頃だったと思います。
言葉は心の発露です。でも、言葉が心を逆に押しつぶすのならば、時には沈黙と言う事も大切な事なのではないかと思ったのです。

今年も残りわずかとなり、纏めに入る時期になりました。
題詠ブログとして作った歌は番外の歌の1首を含めて29首でした。

たったそれだけの歌でも、好きな歌があります。
時は逆回転で戻ってはくれない。これは夢だとどんなに願ってもどうしようもない現実。それでも人生は舞姫が歌って舞って去っていく幻のようなもの。
「下手より夢幻と謡い舞い上手に去りし幻魔の舞姫」はいかにも私らしい歌だったと思います。

下の歌であえて日付を入れたのは、3月10日に作った歌は、さながら11日以降に作った歌のような気がしてしまうからです。
「故郷に帰りて君に会いたいが 君は黄泉にて姿は見えず」

何故、このような歌を3月10日に作ったのか。今となっては自分の気持ちも分かりませんが。


来年も主催者様が開催してくださるのなら、是非参加したいと思います。
そして来年こそは、心の色がパステルカラーに染まるようなそんな一年になればいいなと願っています。



001:初
別れ際 初めて家に来た君を 思い出したり春風(しゅんぷう)香りて

002:幸
気まぐれに幸と言う字を調べけりその字の深さしみじみとする

003:細
細雪 君思いつつ歩く街 肩に舞い降りすぐにとけゆく

004:まさか
振り向くと まさかまさかと言いながら生きてきた道 坂だと気付く

005:姿
故郷に帰りて君に会いたいが 君は黄泉にて姿は見えず (3月10日に作った歌)

006:困
困難に一丸となって立ち向かう同じ日本の家族だから  (3月12日に作った歌)

007:耕
育てよう心の畑耕して 伸びよ咲けよと生き様の花

008:下手
下手より夢幻と謡い舞い上手に去りし幻魔の舞姫

009:寒
夜来れば寒かろうと涙出る被災地想い電気消す今

010:駆
天空を俊馬のように駆け抜ける白雲スッと風に流れて

011:ゲーム
人生はゲームみたいと人が言う 笑った数が多い方が勝ち

012:堅
その意思は石より堅いと言っている真面目なときも惚けてる君

013:故
巡り会い故に僕らは此処にいる縁は不思議と首傾げつつ

014:残
君去りしその場所には残像があり残香あり悲しみがある

015:とりあえず
とりあえずお茶飲みたまえ息をしてそして私に告白しなさい

016:絹
木綿より絹の方がお気に入り豆腐の話君気が合うね

017:失
失いし過去の時間は愛おしく心に積もる白雪のように

018:準備
いつだって準備が悪いそれなのにいつもその山乗り越えてきた

019:層
幾重にも心の中に層がある何処に埋もれるあなたの化石

020:幻
切なくて 君は幻 君は夢 叶わぬ恋に涙する夜

021:洗
電話にて何をしてるの尋ねれば洗濯中とぶっきらぼう

022:でたらめ
毎日が出たとこ勝負のでたらめでそれでも勝つと勝手に思う

023:蜂
蜜蜂の屍骸を見ては人の世の無常を感じなぜか涙す

024:謝
まずはじめ今日と言う日に感謝して明日と言う日にまた夢を見る

025:ミステリー
何故君を愛したのかは永遠のミステリーだと互いに思う

026:震
震災の朝にも笑顔あったはず戻る事なき時に涙する

027:水
今までは水は天の恵みだと疑う事なき飲めた幸せ

028:説
読む力失っている説明書 細かき字面最初からポイ

番外の歌
時過ぎていつかは風化思うけど忘れまじとぞ我を戒める







Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

kiriyseikan

Author:kiriyseikan
kiriy です☆☆

メインブログは「森の中の一本の木」

「題詠blog2012」に、吉里(きり)と言う名前で参加します。

ここでは他に「ツイッターのお纏め&日記」
「ベランダ日記」「野の花・道端の花」などが中心です。
ツイッターの纏めでは、主に朝ドラ「カーネーション」の感想等を呟いている事が多いです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。