梢は歌う

風のように人生を通り過ぎていくだけ。  そんな風にも、日々の何気ない暮らしが  ある。 これは、そんな「風のしるし」です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街を歩けば。・。・。・

私はお出かけ好きの引き篭もりだ。

矛盾しているようだけれど、普段家にいるときは、ほとんど家から出ない日が多い。せいぜいゴミ捨てに行く程度だ。買い物にも出たくないから基本的にはまとめ買いが基本だ。家にいるのが大好きなのだ。だからといっておしゃべり好きなので、人が嫌いなわけではない。だから、友達や姉との長電話が好きだったりもする。家族以外の人と会わないわけでもない。毎日人が家にやってくる。
そんな感じで日々が過ぎていく。家の中という狭い世界で私の世界はくるくる回っている。


だけど、友人からは「よく行くよねぇ。」などと、ちょっと呆れた言い方で言われたりもする。お気軽なバスパックツアーなんかが好きだし、夜行日帰りなんかで京都にも行くし、「つま恋」だって行っちゃう。都内の新しいスポットなんかも、興味ない割にはいつの間にか行っている。やたら、友人からは元気に見えるようだ。

だが、基本的には家でじっとしていることが好きだ。子供がゴミなんかも捨ててきてくれると、もう一歩たりとも外に出たくない。

今朝もまったく同じ気持ちだったが、差し迫った小用があったので、出かけないわけには行かず、大急ぎで出かけた。

近頃、気になる光景―「優先席」に座って携帯電話で何かやっている人。携帯電話は「優先席」の付近だけはその電源から切らなければならない場所なのに。

今日も居ましたよ。私はここで背中に「優先席付近では電源をお切りください。」と言う言葉を背負って、メールかなんかを打っている人を見ると、どうしてもバカに思えてならない。
オヤジ、十分バカに見えましたよ。

ホームから改札に上がっていくエスカレーターの後ろから若い声が聞こえてくる。
「去年の今頃は、死ぬほど勉強していたよねぇ。今思うとバカみたい。でも、A子はさぁ、今年も死ぬほど勉強しているかと思うとお気の毒さまよねぇ。」

う~ん、なにげに毒のある言葉だナァ。若いやつの毒はおばさんの毒とはまた違うよナァ。だけど、この娘達は、死ぬほど勉強したことがあるんだ。「死ぬほど勉強した」ことなんかないよ、私。

改札でたら、人のよさそうなおばさんが私に狙いを定めて近づいてくるのが分かったが、今日の私は急いでいるのでけんもほろろの態度。今思うと、ちょっと可哀相な気もするが、でも、一呼吸置いて微笑みながら近づいてきたあなたは、とっても怪しげでしたわよ。

用を三つ片付けて、帰りがけに珈琲ショップを覗いたら、知人が忙しそうに働いていた。おじいさんにオーダーが違うと文句を言われていた。

帰りの電車の中で、前の職場の人にばったり会う。二年ぶりぐらいかな、懐かしいナァ。
ほぼ5分で近況報告。一方的に向こうのだけ。
「あたしは決して逆らわないから、静かにしているから、相手の言うことをはいはいと聞いているから、何も言わないから、あたしは所詮雇われているだけだから・・・・」
おいおい5分でこれだけ言ったら凄いよな。これらの言葉の後には
「だから、オーナーにとって私は便利な女なの。」と続くわけだけれど。本当のこというとたぶん、彼女の心の中では「あなたと違って」と言う一言も付いていたような気もする。

やっぱり街は面白い。ちょっと出かけたってドラマがぼろぼろ落ちている。

だから、私はお出掛け好きの引き篭もり。



だけど夕方、突然の鼻炎。今日、もう何か飛んでいたの~!?

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

kiriyseikan

Author:kiriyseikan
kiriy です☆☆

メインブログは「森の中の一本の木」

「題詠blog2012」に、吉里(きり)と言う名前で参加します。

ここでは他に「ツイッターのお纏め&日記」
「ベランダ日記」「野の花・道端の花」などが中心です。
ツイッターの纏めでは、主に朝ドラ「カーネーション」の感想等を呟いている事が多いです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

AquariumClock 2

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。